2014年06月10日

FXで50万円を1000万円にした東大大学院生の真実

昨日の夜、「深いい話」を見ていたら
「東大生は本当に幸せなのか」
という特集が放送されていました。

そもそもからして、
このタイトルにツッコミを
入れたいところではありますが、
それは置いておいて。

そこでギャル男の東大大学院生が
クローズアップされていました。
このギャル男大学院生は
休学してFXで50万円を1000万円にしたそうです。

トレードの様子も放送されていましたが、
スマホでのトレードだったのが
個人的には驚きました。
NY時間帯で20万程度の利益が出ていたみたいです。

実際に彼は稼いでいるだろうし、
それはそれでかまわないのですが、
あの放送を見てFXに興味を持つ人も
大勢いるでしょうね。

昨日の放送では、
いい部分しか放送していないません。
実際には、そんなに簡単なものではありません。
当然ですが。

FXトレーダーの9割が損をしていると言われています。
実際にかなり多くの人がFXで損をしているでしょうね。
ちょっとブラックな言い方をすると
市場が大きく動いた時には
電車が止まりやすいといわれています。
つまりはそうゆう事ですよね?

結局自己責任の世界ですからね。
厳しい世界です。

私は安易に足を踏み入れましたし、
結果的に生き残ってはいますが、
かなり多くの方がフェードアウトしたのを見て
これから始めようと思うのであれば、
あまりオススメはしないかなぁ・・・


今日も読んでいただいてありがとうございますm(__)m
この記事が何かの参考になりましたら、応援のクリックをお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキング
ブログ村






posted by 管理人岩井 at 08:32 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

ぼくのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。

oni.jpg

ぼくのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。

これ、少し前に話題になりましたね。
とある広告の賞レースで大賞を取った作品。

桃太郎のストーリーは、皆さんすでに知っていると思います。
桃太郎に登場する鬼は悪者で、
その悪者を退治した桃太郎はヒーローです。
童話の桃太郎を読んだ人なら、誰でも知っていますよね。

ただ、見方を変えると、違った見方も出来る。
鬼の子供から見るとお父さんが退治されたのは悲劇以外の何者でもないし、
お父さんを退治した桃太郎は悪者になるでしょう。

世の中のほとんどの世界でそうなのかも知れません。

自然界の弱肉強食を見てみると、
草食動物にフォーカスすると、
肉食動物は天敵で怖いもので、幸せを奪うものですが、
肉食動物にフォーカスすると、
草食動物を狩らないと、子供たちにエサを与えられない。

どこかで喜びがあれば、どこかで悲しみもある。

最近よく思うのです。
FXの世界は9割が損をしていると。
FXブログを見ていると、儲かっているような記事をよく見ます。
本当に儲かっているかは別にして、
誰かが儲けている裏では、
大勢が損をしているのです。

なら、儲けないほうがいいのかな?

そんな事を気にしているようではFXなんて辞めたほうがいいし、
そんな甘い考えで投資(投機)の世界に足を踏み入れるべきではありません。

そうゆう意味では非情にならないといけない部分もありますし、
子鬼の存在も知りつつ、桃太郎になるべく努力をしないとイケナイノデス。

今日も読んでいただいてありがとうございますm(__)m
この記事が何かの参考になりましたら、応援のクリックをお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキング
ブログ村







posted by 管理人岩井 at 10:20 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。